カタチあるもの何でも印刷サースデーハリーアップのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大企業様からのご依頼
信じられない程の大企業からシューズプリントのご依頼が来た。
ゴルフ用品では名の知れたメーカーから、スポンサードするプロゴルファー4名のシューズ計7足にそれぞれの名前を印刷したいというご依頼だ。
話を聞けば、業界最大手とはいえ個別のネーム刺繍は外注なのだそうだ。
しかも今のところ中国に輸送して刺繍を入れているとの事。
そうなれば当然郵送代もかさむし、何より納期がとても長くかかる。

中国生産の納期では私もえらい目にあったことがある。
ある化粧品ブランドの式典に使用する副賞として、中国から出来上がってくる製品にブランド名とロットナンバーを印刷するという案件だったが、分納の最終便のわずか5個が、こちらになかなか届かない。納期はきっかり決まっていたが、手配したのはクライアントなのでこちらはただじっと待つ事しかできなかった。
結局納期2日前に到着。乾燥もままならない製品を離けい紙で養生して送ったことがあった。
原因は作業の途中で旧正月に入ってしまった事らしい。わずか5個の製作を残して正月に入っちゃうって・・さすが中国人(笑)

ともかく、今回ご依頼いただいた担当者様もそういった中国の生産事情に業を煮やしたご様子だった。
私のところでもデザイン決定から最大2週間は納期を頂くことをお伝えしたが、それでも良いとのご回答だった。

特に何時までの大会に間に合わせる、といったような案件ではなかったが、おそらくテストサンプルとしてのご使用だと思ったので、なるべく早めに仕上げてお送りした。
この後プロに実際の質感や使用感覚を確かめていただき、上手くいけばきっとまたご依頼をいただけることだろう。
何しろシューズプリントサービスは全国で私しか提供していないのだから。


この一件だけではなく、ここのところ個人、企業様問わずシューズプリントのご依頼が多くなっている。
国内の刺繍屋さんが少なくなっていることと、シューズ自体がプラスチックや金属のパーツを多様するようになり、今までの名入れ方法では対応しきれなくなってきていることが要因だろう。

嬉しい悲鳴だが、私一人でやっているシューズプリントも、今後さらに需要が増えてきたらこのままの生産体制では対応しきれなくなってしまう。
先月も学校に運動靴を納めている問屋から年間500足の名入れをしたいというお問い合わせがあった。
年間といっても学生の名簿が入って入学式までの数週間で・・。これはさすがにお断りせざるを得なかった。

今ご契約いただいているスポーツ用品店様から安定的にご依頼をいただける下地ができたら、生産体制の強化も考えて移行と思う。







Tシャツシーズン
夏といえばTシャツです。
お祭りイベントや団体の制服にTシャツの需要も高まり、弊社にも少し前からオリジナルTシャツの製作依頼が入り始めた。
今日は、あるアーチストのコンサートで販売するTシャツの製作最終日。
「地獄の袋詰め作業」

Tシャツへの印刷は巨大なアイロンと赤外線ヒーターに囲まれとても過酷な作業だが、今回は涼しい時間をうまく狙って効率よく進んだ。去年、1日で一気に作業してぶっ倒れそうになった反省を活かすことができた。(汗)

ただ、やっぱり大変なのは折りたたみと袋詰め作業。
今年の第一便はポリエステル製のとても柔らかい生地でできたTシャツ。これがなんともたたみにくい。
綿製のしっかりしたTシャツのようにクルクル回したり手前に引いたり裏返したりができない訳だ。
しわができない様に広いテーブルに全体を広げ丁寧に作業をすると1時間程で腰が悲鳴を上げる。

まぁ、そんな夏の開幕戦でした。


今日はこの後久しぶりに商工会の勉強会へ。
テーマは~HP、ブログ、フェイスブックで売り上げアップ~
・・・・だからといって今日久しぶりのブログ更新をしたわけではないですよ(^^)

DICデジタルカラーガイド
クライアントと印刷色の共有をする際の必須アイテムでDICカラーガイドがある。
双方が同じメーカーのカラーガイド(色見本帳)を持っていて同じ色を番号を使って検索し確認を行うものだ。
相手がカラーガイドを持っていない場合もカラーガイドの一部を切り取って郵送するなりすれば、遠隔地のクライアントとも色を共有する事が出来る。

ところが、このカラーガイドのデメリットは携帯しづらい事。
現在DICからリリースされているカラーガイドは羊羹程の大きさで12~3冊もある。
勿論これを全て持ち歩いて打ち合わせなどする人はいだろう。
それから、「このれと同じ色で」などのリクエストがあった場合3000色以上の中から近似色を見つけ出すのも結構時間がかかる。

もしかしたらと思ってApp Storeで検索してみると
あった。普通にあった!
その名も『DICデジタルカラーガイド』

早速ダウンロードして試してみると、なかなかの使い勝手。説明の必要も無く感覚的にカラーガイドとして使うことが出来る。



まあ言っても画面越しでの確認になるので、あくまで目安でしかないが、遠隔地のクライアントが同じ端末で同じ画面設定を使用していれば、殆ど同じ色を見ているということになる。pc環境毎の見え方の相違に比べれば誤差は桁違いに少なくなるはず。
そしてRGB、マンセル、CMYK、HTMLなどの変換情報もあるので、デザイン製作にも役に立つ。
私の場合、チラシや名刺時には看板の写真などのロゴマークをメールなどで貰って印刷データーにしたり、WEB素材用にリメイクする依頼もあるのでとても頼もしい。

また、このアプリの最も素晴らしいところはカメラで撮影した対象物の色をDICで抜き出せること。
打ち合わせの最中に「あの車みたいな色で」とリクエストがあったらすかさずiphoneを取り出し撮影。画面上の適当なポイントをタップして色を抜き出し共有、ストックする。
こんなスマートなやり取りが実現してしまうのだ。

__-3.jpg


でも光の状況次第でカメラに写る色は信用できないんじゃない?
勿論その通り。目安でしかないです。
一応DICグラフィックス株式会社に請求するとスマホケースにすっぽり入るサイズのキャリブレーションカードと言うものを送ってもらえる。
これは、カメラ撮影の直前に同じ環境でカードに印刷された色見本を撮影して色調補正を行うもの。
ある程度は撮影環境にも対応できるようになる。

__-2.jpg

このカード1万円もする・・と言うのは嘘で何と無料!
しかも10枚もいっぺんに送ってくれる。
さすがDIC今後も益々お世話になります(^^)

様々なメディアがデジタルデーター化されていく昨今、紙に印刷された色見本帳でインキの色を確認するより
むしろ画面上での見え方を確認、共有する需要の方が今後は増えてくるのかもしれない。
これて実はインキを売りたいDICさんの意図に反しているかも。















またしても勝利!
確定申告の準備と急ぎのご依頼が連続してあり、ここのところデジカメ内の施工写真がまったく整理できていなかった。
今日は印刷仕事も一段落して、家内と娘も新しいダンススクールの体験会に出かけてしまったので、少し空いた時間で重い腰を上げ写真整理を行った。

メモリーカードをPCに差し替込み、ずらっと並ぶサムネール画像にうんざりしながらも、あ~先月これだけ仕事したんだな~と充実感もあった。
1枚づつ使える写真とそうでない写真を仕分けてフォルダーへ移動する。こんな簡単な作業もついついじっくり時間をかけて見入ってしまうため時間がかかる。
そうこうしているうちに先月中旬に製作したウィンドウブレーカーの写真が出てきた。
これは、過去にイベントTシャツのご依頼を頂いた方から同じデザインで1着だけ製作依頼いただいたもの。
冬祭りで使うものではない。ご依頼者の所属する団体から地元の選挙に出馬される方がいて、その選挙戦を戦うために製作するウィンドウブレーカーだった。地元コミュニティーを大切にする人柄をアピールには最適なアイテムだ。

随分忙しいスケジュールでの納品だったのでこちらも大変だったが、この際同じ船に乗ったつもりでと頑張って仕上げ何とか出馬式前日に納品した。
かなりバタバタとしていたので、いったいなんと言う方が出られるのかさえ聞いてはいなかった。

そして先ほど気になって地域や団体名で検索をかけててみると恐らくこの方だろうという方が分かった。
写真で見る体形もサイズを教えてもらう際に大体こんな感じの体系(笑)と教えていただいたものと合致した。

結果は見事初当選!


良かった。
私の作ったウィンドウブレーカーが少しでも力になっただろうか。

昨年の4月選挙選に続き当方でお手伝いした選挙選2勝目となり・・
今のところ勝率は10割!(^^)です。
勝ちたい方は是非サースデーハリーアップにご依頼を!(笑)

さて、来週は卒業記念品なのか、サッカーボール13個にチームのロゴマークの印刷をする案件と、
個数は半端で金額は妙に切りの良いオリジナルエコバッグの製作。期末なので予算的なアレなのかな?

ともあれ、明日からも皆様のお力になれるよう頑張ります。





確定申告覚書
この記事はブロとものみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。