カタチあるもの何でも印刷サースデーハリーアップのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感謝の印
いつもお世話になっているスポーツ用品店に行った。

注文を頂いていたシューズプリントのシューズをお預かりし、そのまま帰ろうとすると、バックヤードから店長がなにやら紙袋に入った包みを持ってきて私に手渡した。

このスポーツ用品店は、以前ネックストラップ製作のお仕事を頂いたところで、設立間近の新会社の社長がロゴマークが入ったネックストラップを社員全員に配りたいとのお話を取り次いでいただき先日それが実現した。

当初は社員20名分のみの注文との事で、製版代がネックストラップ1本あたりの単価をかなり上げてしまっていた。そのままのお見積もりでもご了承は頂いていたのですが、社長様のポケットマネーで作られると伺っていたので、私の周囲の取引先に声をかけ、相乗りをして版代を折半する企画に賛同していただける団体をいくつか集め、単価をかなり下げることに成功した。


今回頂いたこの包みはありがたいことにその社長様から頂いたものらしい。

ネックストラップの予想以上の仕上がりとコストパフォーマンスに感動していただいたらしく直接顔を合わせたことすら無い一印刷業者に律儀にわらび餅を包んでくれたのだ。

私としては、お代も頂き当たり前のことをしたつもりだったが、やはりお客様の立場を考えた製版相乗り企画はやって正解だったと思った。
IMG_0061.jpg
印刷業と言うくくりでは2次的に委託を受けた仕事に直接感謝の印を頂くということは先ず無いことだと思うが、当社でしか出来ない特殊印刷技術とお客様の立場に立った企画やサービスを心がけ、今後もより多くのお客様に感動していただける仕事をしていきたいと思う。


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。