カタチあるもの何でも印刷サースデーハリーアップのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年もかぼちゃにリアル顔パーツを印刷
昨年作ったキモイかぼちゃが意外にも娘のママ友に評判が良かった。
玄関先に飾ってあったそのかぼちゃの不気味さにあまりに感動されていたので、最終的にそのキモイかぼちゃをお持ち帰り頂いたらしい。
そして、しばらくの間、そのかぼちゃを何処かで売ったら、とか話題にしてくれていたようだった。
アレ本当に自宅に持ち帰り飾ったのだろうか。
前職の尊敬する上司(60代元モボー)の顔パーツを印刷してあるかぼちゃ、
帰り道で捨てられていたらもっとキモい事になるなー。。



とはいっても、このかぼちゃはまだ商品化をするつもりはない。
まず、このプッチーニと言う品種のかぼちゃが、この時期のせいか割と高い。出回るのも限られた期間にほんの僅か。
そして、印刷の仕様も右目、口、左目と3版3箇所の印刷になるためなかなか効率よく生産することが出来ない。
大きさも形も違う素材を固定する冶具も大分工夫しなければ量産は難しいだろう。
そんなわけで、スーパーニッチな市場大好きなサースデーハリーアップでも二の足を踏んでいるといったところだ。

ただ、今年は昨年と違い、写真印刷の技術に新しい発見があった。
今までは、版下作成の際に、フォトショップで写真を網点に加工する手間がかかっていた。
インクの濃度、素材の状態によってこの網点の割合や版の露光時間などを微調整する必要があったのだが、
偶然出合ったレーザープリンター用のOHPフィルムに版下を適当な明度調整を行ってから印刷すると、
何と言うことでしょう!そのまま最適な網点が出力されるのです。
モアレを起こさないように画像サイズに対しての網点計算する必要も無く、いきなり最適な網点が出力されてしまうのです。(分かりませんよね。(笑)一人言です。)

まあそんなわけで、今年もつくりました。

今年は、その娘の友達の顔パーツを拝借して製作。
ママに似て美人なお嬢ちゃんなので、可愛く作れましたとさ。(^^)V
リアルジャックオーランタン
リアル顔かぼちゃ






コメント
コメント
凄くいい!これはいいぞ!ヒットの予感。
2011/10/08(土) 20:11:11 | URL | sue #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。