カタチあるもの何でも印刷サースデーハリーアップのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校生の頃同級生の女子が「花屋の店員ってカッコいい人多いよね~」と言ったのがなぜか今でも心に残っている。
その会話を耳に挟んでから花屋の前を通った時いつも店員をチェックしてしまうようになった。
確かに花屋の店員は今で言うイケメンや森ガール(最近の流行は家ガールらしい)的美女が統計的に多いような気がする。
美しい花とその香りに囲まれ、花好きの町のおば様たちにかわいがられ、穏やかな草食系の顔立ちが作られるのだろうか。

商いはその人の容姿を形成する重要な要素なのだろうと思う。ましてや子供の頃からその商いを肌で感じながら育った2世であればなおさらそれが強く出る。

最近よくお邪魔するポインセチア農園のご子息も、情熱的で繊細なポインセチアのような容姿をしている。
取引先のスポーツ店の2代目経営者はみなさわやかで力強さと誠実さを感じる容姿だ。
大学時代の先輩に家業の花屋を継いでいる人がいる。その人はフランケンシュタインのような風貌だが仏花を中心に扱っている花屋だ。
将来後継ぎになるかも知れない後輩の実家は酒蔵で、とても酒好きな顔をしている(←これは違うか)

そうなると気になるのは特殊印刷業である我が家の5歳になる娘。
すでに父親と生き写しの顔をしている。

印刷機で複製したような(笑)
IMG_1161.jpg






コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。