カタチあるもの何でも印刷サースデーハリーアップのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
贈り物に思いを込める。
日々様々な特殊印刷の仕事の依頼が来る。
大きく分ければ、個人のお客様と法人のお客様とあるが、特に個人のお客様からのご依頼は強い想いが込められている物が多い。

ご友人の子供が生まれた事をお祝いするためにファーストシューズへの名入れ印刷を依頼された事があった。
その際はただ名前を印刷するだけではなく親御さんの馴れ初めとなったスポーツのアイテムをイラストで入れてほしいとのご要望を頂いた。

一級建築士に合格した友人の祝賀会で主賓が身に付ける名前入りのタスキの製作依頼を受けたこともあった。ド○キホーテ等で手に入る「合格おめでとう!」と書かれたタスキとは一味も二味も違う一品モノタスキの演出も手伝い祝賀会は大盛り上がりだったそうだ。

クリスマスの定番アイテムポインセチアにメッセージを印刷できるサースデーハリーアップのオリジナル商品『ポインセットプリント』などは正にご依頼主の想いが熱いメッセージとして印刷される。

残念ながらその商品が相手に贈られ、笑顔が生まれ、その絆がさらに深まるという“現場”には立ち会うことは出来ないが、ご依頼主との打合せでの熱の入り方、デザイン修正の細やかな指摘などその想いの強さから、きっとこの企画は成功するだろうと想像することは出来るし、そうした想いをお客様と共有しながら仕事が出来るということはとても幸せなことだ。

依頼主の強い想いがこもった贈り物に印刷を施す工房としては、その想いをしっかり形にすることを日々心がけていかなければならない。

おもいをカタチに~形に思いを込めて

肝に銘じて仕事をしていこうと思う。

この前の日曜日の朝、少し遅く起きてくると家内と娘はもうどこかへ出かけてしまっていた。
そしてリビングのテーブルにこんなものが置いてあった。

世界中何処を探しても手に入らない私にとって特別な贈り物だ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。