カタチあるもの何でも印刷サースデーハリーアップのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大企業様からのご依頼
信じられない程の大企業からシューズプリントのご依頼が来た。
ゴルフ用品では名の知れたメーカーから、スポンサードするプロゴルファー4名のシューズ計7足にそれぞれの名前を印刷したいというご依頼だ。
話を聞けば、業界最大手とはいえ個別のネーム刺繍は外注なのだそうだ。
しかも今のところ中国に輸送して刺繍を入れているとの事。
そうなれば当然郵送代もかさむし、何より納期がとても長くかかる。

中国生産の納期では私もえらい目にあったことがある。
ある化粧品ブランドの式典に使用する副賞として、中国から出来上がってくる製品にブランド名とロットナンバーを印刷するという案件だったが、分納の最終便のわずか5個が、こちらになかなか届かない。納期はきっかり決まっていたが、手配したのはクライアントなのでこちらはただじっと待つ事しかできなかった。
結局納期2日前に到着。乾燥もままならない製品を離けい紙で養生して送ったことがあった。
原因は作業の途中で旧正月に入ってしまった事らしい。わずか5個の製作を残して正月に入っちゃうって・・さすが中国人(笑)

ともかく、今回ご依頼いただいた担当者様もそういった中国の生産事情に業を煮やしたご様子だった。
私のところでもデザイン決定から最大2週間は納期を頂くことをお伝えしたが、それでも良いとのご回答だった。

特に何時までの大会に間に合わせる、といったような案件ではなかったが、おそらくテストサンプルとしてのご使用だと思ったので、なるべく早めに仕上げてお送りした。
この後プロに実際の質感や使用感覚を確かめていただき、上手くいけばきっとまたご依頼をいただけることだろう。
何しろシューズプリントサービスは全国で私しか提供していないのだから。


この一件だけではなく、ここのところ個人、企業様問わずシューズプリントのご依頼が多くなっている。
国内の刺繍屋さんが少なくなっていることと、シューズ自体がプラスチックや金属のパーツを多様するようになり、今までの名入れ方法では対応しきれなくなってきていることが要因だろう。

嬉しい悲鳴だが、私一人でやっているシューズプリントも、今後さらに需要が増えてきたらこのままの生産体制では対応しきれなくなってしまう。
先月も学校に運動靴を納めている問屋から年間500足の名入れをしたいというお問い合わせがあった。
年間といっても学生の名簿が入って入学式までの数週間で・・。これはさすがにお断りせざるを得なかった。

今ご契約いただいているスポーツ用品店様から安定的にご依頼をいただける下地ができたら、生産体制の強化も考えて移行と思う。







スポンサーサイト
シューズプリント全国展開?!
普段は地域密着(+少しだけインターネットで全国)で行っているシューズプリントの事業。
昨日は北海道のスポーツ用品店様からお問い合わせがあった。
北海道ともなると送料や納期などでネックになる部分も多いが、
シューズプリントには他のマーキングには無いメリットもたくさんある。
・サッカースパイクで言えばヒールカップなどの硬いパーツにもマーキングできること。
・文字やロゴマークなど図案の自由度が高いこと。
・刺繍に比べ細かい図案にも対応できる。
・レーザーマーキングなどのように素材自体をいためることなく施工が出来ること。
・表面に凹凸を作ることなく滑らかに仕上げることが出来ること。
などなど

このサービスをシューズの購入者に対して行えれば、独自性のある商品の付加価値としてお客様にきっとご満足いただけると確信している。

今回のように全国、いや全世界に拠点が出来て、じわじわとシューズに印刷をするという文化が広まっていってくれれば
こんなに夢のある話は無い。
それまで、じわじわ頑張ろう。
シューズプリントサンプル


シューズプリント
ここのところ、シューズプリントの依頼が多くなってきている。
中でも刺繍屋さんにネーム入れを断られ、諦めていたところで弊社のホームページにたどり着く方が多いようだ。
サッカースパイクの新商品ラインナップを見るとやはりかかと部分に樹脂の硬いパーツを使っているものが多くなってきた。
そうなるとサッカースパイクへのマーキングの優位性は刺繍よりシューズプリントになるだろう。

ご依頼を頂くのはサッカースパイクばかりではない。
ランニングシューズやバスケットシューズ、などなど。
個人競技やシューズを個人の自由に選択できる競技が多い。

先日は、板橋区のアオキスポーツ様からとても変わったシューズのご依頼を頂いた。
つま先部分にプラスチック製の固定器具が付いた美しいデザインのシューズ。
自転車用のシューズだ。

正確にはトライアスロンで使うものらしい。
トライアスロンと言えば、ご存知鉄人レース。水泳→自転車→長距離走と3種の競技を連続して行うもの。
なるほど、一度のレースでシューズを履き替えるタイミングは2回。
他の選手と一斉に中継所(というのか?)に飛び込んで来れば、よく似た他人のシューズと間違えて履いてしまう事もあるのかもしれない。
オリジナリティーを出すためにも。また、スポンサーのロゴを入れるにもシューズプリントの需要がある競技なのかも知れない。

今回お預かりしたシューズは、急遽競技で使用することとなり、一旦ご依頼者にお返しすることとなったが、
あの真っ白でピカピカのエナメルの表面にシューズプリントでくっきりと印刷をする日が来るのがとても楽しみだ。


シューズプリント
今できること。
東日本大震災の爪痕はなおも拡大している。
原発や救援物資の輸送問題、震災詐欺や、どさくさの中盗難に入る者。
最近のニュースでは主に人的要因による被害が殆どだ。
とても悲しい事だ。

こういう時こそ傷を負った人達へ心からのサポートをしなければならない。
自分の出来る事で。

大物スポーツ選手や企業・経営者が続々と経済的支援を行っている。これを「売名行為」だ等と言う人がいるが、
売名行為などでいくら大物だとはいえ2億や100億もの大金を出せる人はいない。
もしそうだったとしても、その行動は確実にこの状況を救うことが出来る。

私もすぐさま検索のトップはyahooに変え、リスティング広告も少しだけだが資金投入した。
もちろん私服はユニクロだ(いつもだけど)これからもずっとユニクロを買う。
イチローも松井もカズも石川遼も今後みんな応援する。AKBのCDも買ってやろうか・・


得意先のスポーツ店の社長が、例のカズのゴールの後に、新しいフットサルシューズを新調した。
毎度の様にシューズプリントでゼッケン番号と名前の印刷を依頼されたのだが、今回は特別にメッセージをプリントすることになった。『We'll Never Walk Alone』~決してあなたを一人にはしない~のメッセージをアウトサイドに大きく印刷し納品した。

震災の復興にはまだまだ時間がかかる。趣味でサッカーをプレーする時でも今回の震災で傷付いた人達が居ることを決して忘れてはいけない。その思いをシューズに刻みたかったとの事だ。

私もこの思いに大いに賛同し、今後この『We'll Never Walk Alone』をシューズまたはウェアーに印刷される方から頂いた印刷代は全てチャリティーとする事に決めた。

大した募金も出来ない分際だけど、今私に出来る精一杯の支援を考えている。
IMG_1096.jpg












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。