カタチあるもの何でも印刷サースデーハリーアップのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5年前に投稿
5年前に設定した予約投稿です。
『より多く持つことよりも、より少なく望むことを常に選べ。』

何かと言うとフェイスブックのアプリで『あなたの名言 5年予報』というのがあって
いくつかの質問に答えて出てきた5年後に言いそうな名言予報。

これをドヤ顔で言っているそうです。今。(^^)





スポンサーサイト
おすすめサーバー


来年の初仕事が決まった。(^^)v
来年1月にOPENするレストランのロゴマークのデザインをさせてもらった。
親子で楽しく食事ができるハンバーグレストランと言うコンセプトで、可愛いふくろうのキャラクターも描いた。
デザインはすでに決定をもらっていて一段落と言うところだが、OPENに向けてこれからが本番。

看板やチラシ、ショップカード、ホームページ、ノベルティーで制作するエコバッグに至るまで制作させていただく。
これからが正念場といったところだが、オーナー様の夢を共有できる幸せな仕事だ。

来年の初仕事は、このお店のメニュー制作。

料理写真の撮影は初めてなのだけど上手く行くだろうか。。。


不安と期待の年越しになるだろう。


細かい仕事
今日は朝から、とても難易度の高いテストプリントが成功したのでとても気分がいい。
トレーニング用の手袋の甲にお店のロゴマークを入れるという案件。
とても細かいデザインのため版の番手を上げ、目を細かくしなければならないのだが、希望の色がゴールド。
ゴールドは普通のインクに比べて粒子が粗いので細かい版だとインクが出づらい。
これを刷っては乾かし刷っては乾かしして十分な濃度が出るまで5回繰り返し行う。
図案が細かいだけに版のずれは少しも許されないから神経を使う。

このテストプリントの結果を気に入ってもらえれば、改めて大量にご依頼をいただけるとのこと。

だが・・・・、こんなに手間を掛けては採算が合いません。社長(笑)
もう少し工夫をしなければ。。

さて、いよいよクリスマスシーズン到来!(気が早いか)
クリスマスの定番と言えばメッセージやデザインを自由に印刷できる本物の生きたポインセチア『デコポインセチア』ですね!←言われて見たい(笑)
提携農園に問い合わせたところ今年は11/25頃から出荷可能だそうです。
そろそろ予約販売を開始しますので、今しばらくお待ちください。

それから、手帳を新調する時期でもあります。
昨年に引き続き、サースデーハリーアップにも手帳にロゴマーク印刷の仕事が入ってきています。
嬉しかったのが、一昨年からご依頼いただいているところが、今まで別の業者でも行っていた印刷を、今年からウチに振ってくれたこと。
有名な名入れ業者さんだったのだけれど、ウチで印刷したものに比べて印刷の耐久性が無いらしい。
昨年末その業者の印刷したものと、ウチで仕上げたものを見せてもらったが、その差ははっきりしていた。
私も、この依頼まであまり気に止めなかったが、手帳への印刷は1年間肌身離さず使うものだけに他のものより高い印刷耐久性を求められる。

こんなブログを書いているとき丁度そのご依頼主から電話があった。
嫌な予感はしたが、特別なお客様用の1冊だけ明日ほしいとの事。(汗)
まに合うか?(笑)

そんなわけで、細かい仕事でバタバタしている日々です。

では。

クレームの不良品が持ち込まれた。
クレームの不良品が持ち込まれた。
と言ってもウチで仕上げたものではありません。

夏の定番商品、綿製のヘビーウェイトTシャツ。
黒のボディーに黄色でマークが印刷されているが、印刷がかなり薄く生地に色が染み込んでしまっているような仕上がり。

先月、あるお得意先からかなりの短納期で600着というTシャツの大量生産のご依頼があった。
過去にウチで短納期でTシャツを納品した実績があってか、その時も美人担当者に随分熱く説得された記憶があった。それでも、その時は、他の製作スケジュールと丁度重なってしまったこともあり、断腸の思いでお断りをしたのだった。

結局その案件は、地方の別の業者に依頼することになって、予定の納期で上がったらしいのだが、仕上がりがあまりにひどいとクレームになったらしい。
話を聞けばその業者の言い訳も、理解に苦しむものだった。「今までに試したことの無いTシャツなので・・」(←定番中の定番ユナイテッドアスレでしたけど。。)「刷った直後はしっかり色が出ていた・・」「事前に渡したサンプルと同じはず・・・」

でもこの現象、同じプラスチゾルインクを使用している業者であれば原因は明白ですよ(^^;)


随分長いことこの問題について激しくやり取りをしているらしく、その美人担当者もへとへとに疲れてしまっているご様子だった。
で、なぜウチにその不良品が持ち込まれたかと言うと、この印刷箇所の横にテスト印刷をしてTシャツ本体に問題の無いことを立証したいとの事だった。(なんか女性って怖い(^^;))

まあ、一度お断りしたのだから、わざわざ巻き込まれるようなことも無いのですが、話を聞くうち同業界人としての責任と、明日はわが身と、身につまされる思いが複雑に入り混じり、結局マニュアル通りの方法で印刷して差し上げました。

教訓
急なご依頼であってもきちんと印刷サンプルを作成しお互いにしっかり確認しあいましょう。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。